ABOUT

私たちについて

ABOUT

私たちについて

Elastic

ABOUT US

『かなしみのない社会をめざして』

elasticは水のようにしなやかな企業でありたいと思っています。
お客様を軸として柔軟に変化しながら、お客様の日常をお守りし、安心して事業に取り組んでいただくサポートを行います。

elastic株式会社
の想い

握手をしているイメージ画像

01.安心

持続可能な社会、経済活動に向けて、安心して事業に取り組んでいただきたい⇒どのような危機にも対応できる(経済・健康・気候)、十分な準備がされた社会

階段を駆け上がるイメージ画像

WaterAid/ Ranita Roy

02.社会貢献

水・衛生専門の国際NGOウォーターエイドの活動に賛同し、創業から支援を行っています。
【2020年:インド オディシャ州ヌアパダ県における地下水保全プロジェクト】
インドは近年、慢性的な水不足により、国内の6億人以上が「深刻な水不足」に直面していると言われていますが、その要因の一つが、インド各地で起きている地下水の枯渇です。インド東部に位置するオディシャ州のヌアパダ県も、地下水の減少が深刻化している地域の一つです。しかも、天然由来のフッ化物による地下水汚染も起きており、特に近年、地下水量が減少したことにより、地下水中のフッ化物濃度が高くなり、フッ素症を発症する人が増えています。フッ素症とは、フッ化物が含まれる地下水を飲み続けることで、歯が褐色になったり、関節が硬直したり変形したりする病気で、杖を使わないと歩けなくなったり、寝たきりの生活を送ったりする人もいます。 ウォーターエイドがこの地域で実施する取り組みの一つが、地下水を増やすこと。屋根から集めた雨水を地下水に注ぎこんで地下水を増やすしくみ・設備の設置を進めています。

握手をしているイメージ画像

WaterAid/ Ronny Son

03.社会貢献

【2021年:インド・南アジアにおける新型コロナ緊急支援】
新型コロナウイルスが、インドを中心に南アジアで猛威をふるうなか、ウォーターエイドは清潔な水、トイレ、衛生設備を必要としている人々のため、活動を緊急拡大しています。インドでは、感染から逃れるために、多くの人々が都市部から農村部に移動。そうしたことによって、農村部でも感染が拡大しています。インドの農村部では、保健医療施設に給水設備や手洗い設備が備わっていないことも多く、さらに感染の状況が悪化していく恐れもあります。そこでウォーターエイドは、インドの50か所の保健医療施設で、給水設備と手洗い設備を新しく設置したり、または既存の壊れた設備を修復したりする緊急支援を実施します。合わせて、ロックダウンにより困窮している衛生作業員のサポート、水不足に直面する地域で飲用・手洗い用の水を確保するための緊急給水支援などを実施します。

COLUMN

お役立ち情報

COLUMN


詩が生れて、 山路を登りながら、智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、画が出来る。意地を通せば窮屈だ。

SEE MORE

会社概要

COMPANY